群馬県高崎市・安中市に拠点を置く大久保動物病院の医療の特徴や動物医療への想い

当院について

大久保動物病院は、社団法人 日本動物病院協会の定める認定病院基準を すべてクリアーした病院です。
ヒューマン・アニマル・ボンドの理念に基づき、人と動物がよりよい関係でくらすことができるように、以下のことを行います。

  • 最新の獣医学にもとづく診断と治療を行います。
  • 科学的な犬のしつけ方を指導します。
  • 科学的な根拠に基づく食餌(栄養)の指導をします。
  • 動物ドックを実施します。
大久保動物病院での動物医療の特徴

卓越した獣医師は、単なる獣医師を超越した部分を持っています。その格差は病気の原因を根本から探り、的確な治療を施すことができるかどうか・・・という、獣医療において最も重要な部分にあらわれます。その病気の原因を根本から探らないと、言葉を喋れない動物達は病名や程度がわからず、原因に対する治療ができないまま命を脅かされることも多くあります。

大久保動物病院では、どのような診断・治療を行っているのか具体的に示します。動物達がかかる病気には様々なものがありますが、ほとんどの場合簡単な検査のみで、または簡単な検査の組み合わせで原因がはっきりします。この場合は的確な投薬や処置と、動物に本来備わっている自然の治癒力と、飼い主さんの協力で、日数や費用をそれほどかけずに治療ができます。

しかし、日常行われる検査だけでは原因がはっきりしない場合は、詳しい検査を行って原因を追究しなくてはなりません。原因をはっきりさせずに対症療法(症状をやわらげるのが目的で、根本から治す・原因を取り除くものではありません)のみを繰り返している場合は、致命的な結果に陥る場合があります。根拠のある診断・治療を行うには熟練した獣医師による病歴の聴取、身体検査、血液検査・・・等々、さらには超音波検査や内視鏡検査、CT検査も必要になることもあります。
動物医療では、設備が整っていない・人手が足りない・技術不足等、様々な理由で十分な検査が行われないことも多くあります。

大久保動物病院では、そこにある“問題”の原因をつきとめ、それに対しての治療をどれだけ、どういう方法で行うのか、飼い主の方と十分な話し合いをし、飼い主の方に納得していただける獣医療を行うことを大切にしています。

代表メッセージ

大久保動物病院代表取締役 大久保 文葉

私たちの病院は、最新の動物医療を行うと共に、『我が家』のような安心感をもっていただける病院を目指しています。
2015年に完成した高崎・本院は、多くの人が気軽に集まる家をイメージして建設いたしました。
病める時も健やかなる時も― 結婚式でよく聞くフレーズです。新しい家族が生れるとき、それは人と人であることも、人と動物であることもあります。

家族の温かさ、安心感は何物にも代え難いものです。
しかし、時に家族は面倒をかけたり、窮屈な思いをしたり、びっくりするような事をしでかすこともあります。大きな心配事が出てくることもあります。
そういった事が続くと、これ以上は一緒にいられないという結果になることもあります。

その対象が動物であったら、いとも簡単に家族を追い出してしまう事も多いのです。

  • ・重い病気で苦しんでいる姿をみたくない
  • ・病気になって費用がかかる
  • ・歳をとって夜中に鳴き続ける
  • ・お客さんが来ると飛びついてしまう、吠えてしまう
  • ・家具を傷つける、部屋を汚す

こんな問題が出てくることを、その子と出会った瞬間に想像する人は少ないでしょう。
 
『家族』という形の命も、生れたての頃は喜びが大きい反面弱くぎこちないものです。
この時期に上手く関係が築けず、せっかく生まれた家族が悲しい結末を迎える事も少なくありません。
また、成長に伴って習性や好み、家族との関係性も変化していきます。
変化に驚くこともあり、戸惑う事もあるでしょう。長い時を共に過ごし、歳をとればお互い譲り合い、理解し合う事も出来ますが、加齢による変化には理解しがたい問題も出てきます。
そして命には必ず終わりの時がやってきます。それが自分とは違う習性を持った生き物であれば、どう対処したら良いのか分からない事もあるでしょう。

動物病院は、病気やケガを治すだけでなく、そういった問題と向き合い、対処する手助けをする場所です。
縁があって生まれた家族が健やかでお互いに幸せを感じ、共に長く生きるために、私達は専門的知識と技術によって、生まれる前からお別れの後まで『家族の命』と『その子の命』を健やかに保てるようサポートしていきたいと、日々努力をしています。

家族はそれぞれ個性を持ち、家族の中の一つ一つの命にも個性があります。
どんな動物が自分の家族に適しているのか?もっと仲良くなるにはどうしたら良いのか?健康でいるために必要な事は?病気で苦しむこの子に何をしてあげられるの?お別れの準備はどうしたら良いか?
動物とご家族の個性にあった、暮らし方・病気との付き合い方・社会との関わり方を、一緒に考え、支えてまいります。

創業者の動物医療への想い

大久保動物病院創業者 大久保 隆行

昭和44年の開業当時は、家庭での犬や猫の存在はそれ程大きくなく、獣医療といえば牛や馬や豚などのための獣医療が大きく占めていました。しかし犬や猫を飼う人が少しずつ増え、その存在もペットというよりも家族として大切にされるようになりました。
私たちが動物達から受ける恩恵は計り知れず、様々な場面で助けられ、癒されています。人と動物の関係が学問として成立する前から、研究対象として認識される前から、自然に築かれていた人と動物との“絆”。この絆をもっと良いものにするためには、そして人として動物達にしてあげられることは何か。
病気や怪我の治療はもちろん、正しい予防法によって健康を維持する・科学的根拠に基づいたしつけ指導により飼い主さんと円満な関係を築く・飼いはじめる前から亡くなった後までの飼い主さんの精神的な支えとなる。
動物達のためになることを一番に考えて行うことが、飼い主さんにとっても一番であり、社会の中で人と動物との関係がより良いものになっていくという、当たり前のことをしっかりと行い、総合的な知識と技術と愛情をもって、最新の獣医療を提供する病院を運営してまいります。

経歴
昭和19年1月
群馬県安中市に生まれる
昭和37年3月
新島学園高等学校卒業
昭和42年3月
日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学科卒業
昭和45年7月
安中市に大久保動物病院開業
昭和45年12月
高崎市に移転
昭和63年4月
日本獣医畜産大学大学院研究科入学
平成 3年7月
安中市に動物医療センター開設
平成 4年4月
高崎地区獣医師会会長就任
平成 6年4月
群馬県動物愛護協会副会長就任
平成 7年12月
獣医学博士号取得
平成 8年
日本獣医畜産大学非常勤講師
平成 9年4月
(社)日本動物病院福祉協会 [現:(社)日本動物病院協会] 副会長
平成11年
群馬動物専門学校 教授
平成13年4月
(社)日本動物病院福祉協会 [現:(社)日本動物病院協会] 会長就任
平成17年4月
(社)日本動物病院福祉協会 [現:(社)日本動物病院協会] 顧問・相談役就任
動物病院のネットワーク

当院では、高度医療施設及び近隣の動物病院様と連携し、よりご家族のご希望に沿える医療体制の実現を目指しています。

  • 高度医療が必要な症例は高度医療施設へご紹介し、病状が安定した後、当院で治療を継続するというネットワークを構築しています。

【提携施設】

  • 近隣の動物病院様からのご紹介も受け付けております。
    必要に応じて当院が検査・手術・治療を行い、ご希望があればかかりつけの病院様で診療を受けられるよう、連携をとり、治療をサポートいたします。

▲ページトップへ戻る